第3回学生会議・報告 No.3

さて、ここからは、ガンがお伝えしたいと思います。

みんなが私を「イワオ」(フットボールアワーの)と呼ぶんですが、

顔を洗ってもキムタクにならないので、やっぱイワオじゃないですよね・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

22日はJA鳥取中央にお邪魔しました。

本番ギリギリまで日程や見学場所の調整に追われていたため、

正直不安でしたが、当日の朝、待ち合わせの会議室に入ってみると、

なんとなんと、JA鳥取の重役の方々が勢ぞろい!!!

一気にスイッチに火がつきました。

 

はじめは、農業協同組合の組織についての説明。

ルワンダにも農協自体はあるのですが、

まだ組織としての規模や、組織力は弱く、

これからの発展が大事といえます。

組織の運営やお金の運用について、色んな質疑が飛び交いました。

 

そのあとはフィールドワーク。まずは、ラジウム温泉で有名な

三朝町でイチゴのハウスを見学しました。

12月22日ということもあり、24日のクリスマスケーキ用に

育てられたイチゴちゃんたちの一番熟した瞬間を

なんと食べ放題でいただいちゃいました!!

温度や土を徹底的に管理し、安定的に作物を生産できる

ハウス栽培に一同興味しんしんでした。

 

そのあとは、訪問の10日前にオープンしたという

農産物直売所でお昼ご飯。地元の婦人会の皆さんが

みんなのために特産の長いもを使ったお好み焼きを

作って待っていてくれました。このお好み焼き、たっぷりと

かかったソースが彼らのお口には苦手かなと

心配していたのですが、なにがなにが、大うけです❤

また東京で作って欲しいとリクエストされました。

 

そのあとは、大山乳業で大人の社会科見学!

てゆうか、自分がすっごい楽しんでしまいました(笑)

しぼりたての牛乳が、殺菌されておなじみのパックに

詰められる過程はもちろん、他にもヨーグルトやシュークリーム

に加工される過程を見学しました。

ハイテク機械が一秒間に何十個と効率よく生産していく

すがたはまさに神業。

ルワンダでは一件に一頭、牛を配り

家族の栄養補給やミルクを売り

収入を得るという政策が行われています。

将来、その活動がもっともっと広がり、

ミルクを加工して売るという大きな産業に

発展してくれることを願ってやみません。

 

その後は、休耕畑を利用してブロッコリー栽培を

しているという会社や米の乾燥、保管施設を

訪問しました。モーリスは農学部ということもあり、

非常に関心を持ちながら見学をしていました。

 

JAの皆さん、貴重な体験をありがとうございました。

 

22日の夜は、元鳥取大学教授で、

水利用学を教えていらっしゃった

吉田教授のおうちにお邪魔しました。

お母様がお茶の先生ということで、

お抹茶を頂きながら先生のアフリカでの

活動や研究についてお話を聞かせていただきました。

 

23日、この日は休息日です。

が、月曜に訪問した中学校の剣道の

先生の粋な計らいで、剣道の部活に

参加させてもらうことになりました。

そこは、さすがエフレム!!彼は

ルワンダで空手をやっていたらしく、

剣道をするにも型がきっちりきまっています。

部活終了後に中学生+我々(8人くらい)VSエフレム一人

で空手で戦ったのですが、全員ボコボコにされそうになりました(笑)

 

夜は、一日早いけど家でクリスマスパーティー!!!

ケーキとシャンパンを囲みながらクリスマスを

お祝いしました。ルワンダでは正月よりも

クリスマスのほうが大きなイベントらしく、

みんなで集まって食事を囲み

ワイワイするのが毎年恒例だそうです。

We wish you a merry Christmas.

 

報告はまだまだ続きます。