神戸ルワンダフルコンサート

7/10(土)に神戸でルワンダフルコンサートが開催されました。主催のユニセフ協会兵庫県支部さんに協力を依頼され、関西支部メンバーから秋田さん、山崎さん、片山の3人がボランティアスタッフとしてお手伝いをさせて頂きました。客数は400人を超え、大盛況でした。

 

第Ⅰ部は2人のルワンダ人による講演会でした。94年のジェノサイドで家族を亡くしたジャン・ポール・サンプトゥ氏は、加害者の罪を「赦す」ことで自らの苦しみや悲しみを乗り越えた経験を語って下さいました。「NPO法人ルワンダの教育を考える会」のカンベンガ・マリールイズ氏は、ご自身の実体験から、教育の大切さ・平和の尊さを教えて下さいました。お客さんもボランティアスタッフも真剣にお話に聴き入り、講演会の後は積極的に質疑応答が行われました。

 

第Ⅱ部はサンプトゥ氏の歌と演奏、更にルワンダ人ダンスグループ「インゲリ」による伝統ダンスと太鼓が披露されました。素晴らしい音色と力強いダンスは、観る者全ての人々の心を鷲掴みにしました!フィナーレではステージにお客さんも上がって、会場の皆で踊り合いました。

 

このような素晴らしいイベントに、微力ながらスタッフとして参加させて頂いたことに心から感謝しています。アフリカに携わる人々との人脈が広がったことも、今回のコンサートの大きな収穫でした。今度とも、ルワンダやアフリカ関連のイベントに積極的に関わっていきます。

 

東京では、JRYCがルワンダフルコンサートを主催しました。どのようなコンサートになったのでしょう、報告が楽しみです。

関西支部 片山夏紀

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Percival (月曜日, 23 7月 2012 08:31)

    I was very pleased to find this website. I wanted to thank you for your time for this wonderful post!! I definitely enjoy reading it and I have you bookmarked to check out new stuff you blog post.