合宿! 前編

8月8~10日、千葉県の白子で日本ルワンダ学生会議夏季合宿が開催されました。目的は渡航者がルワンダで発表するプレゼンを練習すること、相互理解という団体理念を再考するディスカッションをすること、メンバー同士の親睦を深めることです。

 

当日は東京駅からバスでほぼ直通、渋滞もありつつ2時間半ほどでホテルに到着しました。バスに乗り遅れて置いていかれた人もいましたが昼食後無事合流で全員集合。

ホテルから海までは徒歩5分の素晴らしいロケーション、2日目以降の天気が怪しかったので初日はとりあえず海へ。気になるあの人が普段は見せない意外な一面を垣間見せたりしてとても楽しみました。

 

海から帰ってきたら夜は楽しいバーベキューです。みんな海で遊び疲れた感じでしたが、ホテルの方が準備してくれた大量の肉、野菜、焼きそばにトライ。

 

……したのですがいかんせん量が多すぎた…。 泣く泣く大量の食べ残しを廃棄。この日のバーベキューは満腹感と共に強烈な罪悪感をJYRCメンバーに残してくれました。

 

しかしいろいろ言ってても進まないので食後はルワンダ渡航メンバー6人でガツンとソーラン節の練習。ちなみにその間渡航者以外は花火に興じていたり眠りこけていたりしたそうな。

 

今年のソーラン節は今までとは一味違い、徹底した基本姿勢の練習からフォーメーション構成まで過去にないモチベーションをもってやってます。というのも、ただの文化交流会にすぎなかった昨年、一昨年とは異なり今年の渡航者ははルワンダでの「Peace Concert」のパフォーマーとして、日本を代表して大勢のお客様の前で踊るのです。妥協は許されません。出発9日前の時点で技術的にはまだまだですが。

 

というわけで2時間ほど夜空の下、芝生の上でソーランソーラン。大変疲れました。

終了後は硫黄の香りただようホテルの天然温泉に入ってさっさと眠りました。

 

1日目終了。つづく。