第7回本会議下見@長崎

2月27日、羽田空港。

闘志にあふれた2名の勇敢なメンバーが遥か西へと旅立った。

 

そう、目的は、第7回本会議のための下見!!目的地は長崎!!

 

第5回本会議が終わったばかりですが、次の日本招致企画である

第7回本会議に向けて早くも動き出しているのです!

(※第6回本会議は夏のルワンダ渡航にあたります)

 

第7回本会議では、日本ルワンダ学生会議、初★九州上陸!ということで

長崎・大分・大阪・東京を訪れる予定です。

下見は2月27日から3月7日まで、長崎・大分・大阪で行われました。

 

さて最初の訪問地、長崎。

2月27日 18:00頃長崎到着。

 

夕飯は長崎名物トルコライス!(写真→)

スパゲッティ、豚カツ、ピラフ、サラダを一枚のお皿に盛った

料理です。いかにもルワンダ人が好きそうですね。

2月28日

この日は午前中に長崎の原爆投下に関する施設をめぐり、

お昼の時間帯にはなんと、長崎市長との面会を果たします!!

午後は山脇さんという被爆者の方のお話を伺った後に原爆資料館を見学しました。

ここで強力な助っ人が登場!

関西メンバーの奏くんのお父様、今泉宏さんです。

今泉氏は長崎のことならなんでも知っている「さるく」ガイドの方なのです。

 

(さるく、とは歩いて回るという意味。長崎の観光スタイルなのです。

参照:http://www.saruku.info/index.php

 

3月1日

この日のテーマは一転して、「長崎におけるキリスト教の歴史」です。

午前中は再びさるくガイドの今泉氏にご登場いただきました。

さるくコースに基づいて、大浦天主堂や日本二十六聖人殉教地などを

歩いてまわりました。

途中で左の写真のような場所を発見!!この路地には、

(写真左側から)神社、教会、お寺の3つが

集結しているのです!

長崎を歩いていると「共存」というキーワードが

浮かび上がってきました。

古くから、「他者」を受け入れてきた長崎。

でもその共存の街に、原爆が落とされてしまったという歴史。

 

長崎でルワンダ人と何をするか、みんなが想いを巡らせました。

 

さてさてお昼はまたもや長崎名物、佐世保バーガーです!

とりあえずその土地の名物は必ず食べるのが、日本ルワンダ学生会議です。

午後は長崎総合科学大学に移動して、

ブライアン・バークガフニ教授の研究室に伺いました。

バークガフニ教授は、長崎の歴史にとってもお詳しい方で

「原爆だけではない長崎」や「キリスト教との共存の歴史」

について丁寧に教えていただきました。

ありがとうございました。

 

そして3月2日の朝、大分行きのバスに乗車しました。

 

長崎では、関西メンバー奏くんの祖父母のお宅に泊めていただきました。

おばあちゃんの作るお食事は栄養満点で、特におみそ汁が美味しかったです!

3日間、お世話になりました!

 

(続く)

 

岩井天音

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    Ivor (月曜日, 23 7月 2012 12:56)

    I was looking for something similar, I am very grateful you have shared this subject

  • #2

    autocom cdp pro (月曜日, 29 10月 2012 12:03)

    Grâce aux outils de reprogrammation ECU, les voitures peuvent obtenir une meilleure performance, en même temps csh

  • #3

    buytadalafilonline (木曜日, 08 11月 2012 00:56)

    I intended to draft you this bit of remark in order to say thank you once again for the pretty guidelines you've documented here. It is quite strangely open-handed of you to present unhampered precisely what a lot of people could have made available as an electronic book to generate some cash for themselves, and in particular now that you could have tried it if you decided. Those good tips likewise served as a good way to recognize that some people have a similar dream the same as my personal own to understand a whole lot more concerning this condition. I am sure there are lots of more fun periods ahead for many who take a look at your website.

  • #4

    lilider (金曜日, 07 12月 2012 05:04)

    I have to express my appreciation to this writer for bailing me out of this type of setting. Because of checking through the the web and seeing tricks that were not helpful, I figured my life was done. Living minus the solutions to the issues you've fixed by way of this review is a critical case, as well as the ones that would have adversely affected my career if I hadn't noticed your web blog. Your main know-how and kindness in touching all the things was useful. I'm not sure what I would have done if I hadn't discovered such a stuff like this. I am able to now look forward to my future. Thank you so much for this specialized and amazing help. I won't think twice to propose your web blog to any person who desires counselling about this subject.