2010年度報告会-think. future-

4月29日(金・祝)、国立オリピック記念青少年総合センター(通称:オリセン)にて

「2010年度報告会-think. future-」が開催されました。

当日は40名ほどの方にご来場していただきました、ありがとうございます!

 

諸々の事情で延期になり…震災の影響で更なる延期を決断し、

ようやく開催できた報告会。やっとこさ2010年度を締めくくれて良かったです!

 

プログラムは(司会:嶋田)

 

1.団体紹介、ルワンダ紹介 by大山

2.第4回本会議(ルワンダ渡航)ドキュメンタリー「光と影」

3.「think. future in/with Rwanda」(第4回本会議プレゼン) by岩井

 (休憩)

4.第5回本会議(日本招致)ドキュメンタリー「think. future」

5.「第5回本会議」(第5回本会議プレゼン) by久保

6.「相互理解の一歩として」(同上) by品川

 

7.第7回本会議(2011年度冬開催、日本招致)予告 by岩井

8.終わりの言葉 by古屋

 

でした。予定の2時間半をオーバーして、3時間にわたる長丁場となりました。

 

今回の報告会の目標は、ずばり

ルワンダとJRYCのfutureを感じられるような報告会!」

だった訳ですが、いかがでしたでしょうか?

ご来場いただいた皆さまが何らかのfutureを感じていただけたのでしたら、幸いです。

 

 

さて2010年度は、

国内の活動の幅がぐっと広がったり(アフリカンフェスタ出展、コンサート運営など)

ルワンダでもJRYC-Rwandaという組織が確立されたり

と、未来への期待を膨らませる出来事があった一方、

ルワンダメンバーと何度も何度も今後の活動方針について対面やネット上で議論したり

涙の締めくくりとなった第5回本会議があったり

と、JRYCの今後を左右するであろう大事件もありました。

 

下見の報告映像にもありましたが、現在日本ルワンダ学生会議は

夏のルワンダ渡航・第6回本会議 と 冬の日本招致・第7回本会議

に向けて、メンバー一同様々な方面で頑張って活動しております。

というわけで、

2011年度の日本ルワンダ学生会議にもご期待ください!(言っちゃったー…)

 

岩井天音