Osaka-Tokyo Youth Cooperation vol.1

 

11月12日。大阪、新今宮。

ホームの左手には通天閣が、そして右手には西成区、釜ヶ崎。

 

ある人は、ここを「ディープな大阪」「大阪らしい大阪」と形容する。

その形容が正しいかどうかは未だ答えに困るが、大阪という都市が持つ、ひとつの顔であることは間違いない。

「貧困地区」「ホームレスのまち」「ドヤ街」

 

そんなシンプルな言葉で表せるはずはないのであるが、釜ヶ崎の一面はこのような言葉で表わされる。

 

 

今回私たちがお邪魔させていただいたのは、おっちゃん紙芝居劇団「紙芝居劇むすび」。
(http://musubiproj.exblog.jp/ 写真左上)

若者がこのまちにいることすら珍しいのかもしれないが、学生十数人でむすびの事務所を訪れたときの、おっちゃんたちの驚きと喜び、それか恥じらいや照れとも感じられる表情が非常に印象的であった。

 

第7回学生会議では、おっちゃんたちの活動を見せていただき、学ばせてもらう。

シンプルながらも、個性あふれ、あったかいおっちゃんたちの紙芝居劇が見られる日が待ち遠しい。

 

 

続く…。                                 (今泉奏)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    buytadalafilonline (水曜日, 07 11月 2012 03:48)

    I intended to draft you this bit of remark in order to say thank you once again for the pretty guidelines you've documented here. It is quite strangely open-handed of you to present unhampered precisely what a lot of people could have made available as an electronic book to generate some cash for themselves, and in particular now that you could have tried it if you decided. Those good tips likewise served as a good way to recognize that some people have a similar dream the same as my personal own to understand a whole lot more concerning this condition. I am sure there are lots of more fun periods ahead for many who take a look at your website.