第7回本会議No.2 *国内交流企画最終章* 鎌倉の小学生、ルワンダの大学生、日本の大学生の出会い

12月21日、来日したばかりの5人のメンバーが、鎌倉市立山崎小学校を訪問しました。

 

この企画は、2011年度1年間、計3回の授業を通して世界の多様性を知ってもらおうと始めました。今日が最終の3回目です。
6年生約110名、3クラス。45分の授業のうち半分はグループに分かれてトークセッション、半分はダンスパフォーマンスに当てました。

ルワンダ人メンバーは5人ともとても子どもが好きな様子。小学生と一緒に歌いだしたり踊りだしたり、本当に楽しそうでした。
"きみたちにはたくさんの才能があり、大きな可能性がみえるよ。いつかルワンダに来てね。"
ルワンダ人大学生からのメッセージに、小学生の目が輝いて見えました。



2月にこの企画を思いついて、はや10カ月。鎌倉市教育委員会からご後援をいただき、先生のご協力をいただいてこの企画が実現しました。
私がこの小学校に在学していたころから、私は鎌倉が好きでした。

それは学校の先生が教えてくださったことであり、この地域に住む方々が教えてくれたことでした。一方で、私は自分の生活が広い世界の中にあることを最近まで知りませんでした。

小学校で得た記憶は強烈です。今私たちができることをしたら、将来この小学生はもっと簡単にそして主体的に世界との繋がりをつくることができるようになるのかな?私の恩師が、最後に背中を押してくれました。

"あなたの姿を、小学生に見せてあげて!"(意訳ww)

 


この企画には「開発教育」の要素も含まれています。この「開発教育」はあらゆる立場の人を理解するために参加型の手法を用います。実際に前2回の授業では写真や絵、ゲームを使いました。


5年後、10年後、今回出会ったみなさんの引き出しの中に「ルワンダ」が隠れていて、なんらかの役に立てばこんな幸せなことはありません。


最後の授業が始まるまで、ルワンダ人が疲れてしまったら、小学生が怖がったらどうしようと、実はひやひやしていました。でも、私の想像以上に人の繋がりは温かいものだったようです。
寒い冬の日、心がほっこりしました。

 

久保唯香

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Gervais (日曜日, 22 7月 2012)

    Thanks you drastically for this great and actually insightful report. Everybody will get fantastic specifics from this text.outstanding do the job protect it up. I�m planning to bookmark this website site for came back again all over again in upcoming.Visiting this site daily now. Great info. Keep it up!