2013夏合宿@三浦海岸

こんにちは。

毎日、暑い日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

8月に入り、待ちに待った夏休み到来!!!

日本ルワンダ学生会議では早速、去る8月1~2日神奈川県の三浦にて、夏合宿を行いました。

 

 

1日目は、ルワンダに関する勉強会と招致に向けた話し合いを行いました。

 

勉強会のテーマは、「ルワンダの地方分権」と「ルワンダとイギリス連邦」について。

「ルワンダの地方分権」では、地方分権に携わっていた元大臣のお話を基に、地方分権の目的や段階、さらに問題点などを学びました。「ルワンダとイギリス連邦」では、2009年にルワンダが加盟したイギリス連邦について、その目的や加盟によってどのような変化がもたらされたのかということについて、学びました。

招致に向けた話し合いでは、自分たちの現状確認をし、これから何をしなければならないのかということが明確になりました。

 

 

2日目は、模擬学生会議と日本ルワンダ学生会議のこれからについて話し合いを行いました。

 

模擬学生会議では、「日本の自殺」と「TPP」というテーマで、英語でプレゼン・ディスカッションを行いました。

「日本の自殺」というテーマでは、自殺率が高まっている背景を知り、どうすれば自殺率を低下させることができるのかという議題で、ディスカッションしました。「TPP」というテーマでは、TPPによるメリット・デメリットを知り、日本のTPP参加には賛成/反対の立場に分かれて、ディスカッションを行いました。

その後、団体のこれからについて、話し合いました。普段、なかなか知ることができない団体に対する個々の思いを知ることができました。

 

 

ここでは勉強の内容しか書きませんでしたが、もちろんお楽しみもありました☆

オリエンテーションをしたり、海に行ったり...久しぶりに関東・関西メンバーが集まったこともあり、和気あいあいと充実した時間を過ごすことができました。

 

この合宿を通じ、招致に向けてますます団体の士気が高まったように思います!

 

さぬき

Muraho!


今期新しく代表となりました白川ことしらこです!

8/1-2に代表になってから初めての合宿を行いました!

合宿での勉強会やらの話はさぬきが話してくれてたので、私は…代表としての抱負を言わせていただきます!


コホン…
まずは目の前にある大きな企画である「第10回本会議・日本招致を成功させること」です。
(本会議とは日本招致とルワンダ渡航を指す日本ルワンダ学生会議のメイン活動のことです。私たちはルワンダンとの相互理解を理念に掲げ、かつ相互理解を目標に本会議を行います。)
昨年の夏に初めて日本招致を経験し、今年の春に憧れのアフリカ・ルワンダへ渡航しました。ルワンダへ渡航してから、ルワンダンにぜひ”今の日本”を見てもらいたいという気持ちを強く抱き、代表兼第10回招致のコーディネーターも兼任させていただいています。

 

次に、全体的な抱負として「ルワンダンとの関わりを大事にすること」です。

私はルワンダに行ってからルワンダの気候や人、文化、自然がとても好きになりました。最初はジェノサイドしか知らなかったけれど、ルワンダンと顔を見て話あうことでジェノサイド以外のルワンダを知ることができました。今はネットがあるので、簡単にルワンダについて知ることができます。しかし、ルワンダンと一緒の空間でそういったことを話すことはなかなかできることではありません。地理的な遠さは時にはネットではカバーできなきこともあります。招致と渡航でしか会えないルワンダンとのかかわり合いの場を私は大事にしたいです。

そのためには、日ごろから連絡を取り合うことが大事ですよね!

もちろん、日本人との相互理解も忘れてはいません!もっとも身近にいる日本人とでさえ、お互いを理解しあうことは難しいですよねー…。

 

ということで、ここまで読んでくださってありがとうございました!
今期代表の白川をどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

しらこ