鎌倉企画

今日はクリスマスですね!みなさん、クリスマスはいかがお過ごしですか?
私達は、12月22日と23日に鎌倉企画を実施いたしました。
鎌倉企画とはなんぞや・・というと、日本の寺社見学やディスカッションを通して、日本人の宗教観を学んだり、またルワンダ人(ルワンダ人の大半はキリスト教です)の宗教観と日本人の宗教観の違いを考えようという企画です。
そして、まず鎌倉企画の1日目の12月22日に、日本人の宗教観について説明し、ルワンダンとディスカッションを行いました。
日本は昔、多神教であったこと、また、日本人は無宗教の人が大半を占め、毎週教会や寺社などにお祈りをしにいかないことにルワンダンは驚いていました。
そして鎌倉企画2日目は、鎌倉寺社見学です。鶴岡八幡宮と長谷寺、そして鎌倉大仏で有名な高徳院を訪れました。
小町通りのお土産物店に目移りしてしまう日本人とは違い、ひたすら寺社に向かって歩くルワンダン。
どの寺社にも興味をもってくれたようで、寺社の歴史についての説明にも耳を傾けてくれました。特に興味を持ってくれたのは、高徳院の大仏で、彼らの目も一段と輝いていたような気がします。
ルワンダンから「日本人との宗教の違いがわかって興味深かった」との声や、またディスカッションが白熱する様子を見て、文化交流をする面白さを感じました。そして、私自身、普段宗教を意識して日々を過ごすということはほぼないのですが、それは世界からみたら特異なことだということ、そして「三拝二拍手一礼」がどのような意味をもって行われているのかを恥ずかしながら今まで知らなかったのですが、今回ルワンダンに説明するにあたり、初めて知ることができました。今回の企画を通して、日本の宗教や作法について少しだけ詳しくなれました。
ルワンダンとの交流はまだまだ続きます!今後の更新もお楽しみに!

きらりん