メンバー紹介 Members

西野由花(代表)

Nishino Yuka

青山学院大学国際政治経済学部国際政治学科

 

ルワンダという国から、私は二つの衝撃を受けました。一つはジェノサイドという悲劇、そしてもう一つはアフリカの奇跡と言われる現在のルワンダの姿です。

何が彼らをジェノサイドへ向かわせたのか、どのように彼らは奇跡を創り出したのか。それを考えていくことはルワンダ、アフリカに収まらず、様々な思想の入り混じる今日の世界情勢の中で相互理解を考えていく為のヒントになるかもしれない。そんな思いから私はこの日本ルワンダ学生会議に参加させていただきました。この会議を通して、本やインターネットからは手に入れられない、相互理解の実感や課題を学べて行けたらと思っています。


山崎 建(副代表)

Takeru Yamazaki

早稲田大学 社会科学部

 

世界でこれまで起きた、今も起こっている虐殺を勉強していてたどり着いたのが1994年のルワンダ大虐殺でした。

わずか20年の間に復興し、今やアフリカの奇跡と呼ばれる国になったルワンダ。ルワンダにネガティヴなイメージを持ちながら活動に参加し始めて、1年が過ぎましたが、今はルワンダが負の歴史を抱えただけの国ではないことを知っています。ルワンダには日本や他の国々が見習うべき良い部分がたくさんあるということも活動を通して学ぶことができました。ルワンダの素晴らしい部分を、ルワンダ人との相互理解を通じて学んだこととともに、より多くの人々にお伝えできればと思っています。


板谷美沙

Misa Itaya 

 

日本大学経済学部経済学科 3年

 

高校生の時にブラッドダイヤモンドという映画を見てから、自分がアフリカやほかの国について何も知らなかったこと、悲しい現状があることに衝撃を受けました。それ以来、アフリカに興味を持つようになりましたが、その中でもジェノサイドを経験したルワンダに関心を寄せるようになりました。

 

はじめは援助やボランティアがしたいと思っており、相互理解って?なんで?と思っていましたが、相手に会って、友達になって、一人一人と強いつながりを持てるこの活動の大切さや楽しさにこの1年で気づかされました。一見小さなことのように思えますが、相手の名前を言えたり、好きなことを知っていたりできるのはこの活動ならではないかと思うし、繋がりが強いほど大きな関心を寄せることができるのではないかと思います。これからもこの活動を通して多くの人とつながれるといいなあと思っています。


岩垣梨花

Rika Iwagaki

早稲田大学人間科学部

 

高校2年の冬のある夜。

いつものように自宅へ戻ると、見慣れた風景の中に見慣れぬ黒人の人々が寝転がっていた。5人も。その日から始まる一週間の不思議な共同生活。寝食を共にし、くだらないことで幾度も笑い合った。

 

最初は怖くて近寄ることも億劫だったその人たちに、いつしか自分から抱きつくようになっていた。

「大学生になったら会おう。」

別れの日、一人ひとりと抱き合いながら再会の日を固く誓った。

自然と涙が零れていた。

 

それが私の人生で初めて「ルワンダ」を感じた瞬間であった。


鍵渡紀彰

Noriaki Kagiwata

法政大学法学部

 

僕は、一方的な開発援助というものが嫌いです。

生活インフラが重要だと考えれば、井戸を作り、

教育が重要だと考えれば、学校を建てる。

 

この方法で問題が解決するのだとしたら、先進国が世界の平和を簡単に作れるはずです。

そして、これはお金さえあれば誰でも出来ることなのです。

 

だから、僕ができることは、

お互いを理解し合い、より良い問題解決の方法を模索していくことだと考え、この団体で活動しています。


堤谷季里

Kiri Tsutsumitani

早稲田大学人間科学部

 

私がこの団体に参加するきっかけになったのは、団体の活動理念である相互理解になんとなく興味を持ち始めた事です。とは言ってもルワンダの事を何も知らなかったので少し調べてみると、もっとルワンダの事を知りたい!ルワンダを通してアフリカ全体の事を知りたい!と思うようになりました。

 

活動を通して、ルワンダ、そしてアフリカの事を深く理解し、疑問や問題を追求し、それを発信していきたいです。また、自分なりの相互理解を発見できたらと思います!


藤内庄司

Shoji Tonai

横浜市立大学 国際総合科学部

 

日本から11937km離れた最果ての地、ルワンダ。20年前、この小さな国で3ヶ月に約80万人の命が奪われました。

 

今「ルワンダ」はどんな国なのか、交流を通してルワンダに生きる人々のことを知りたいという思いからこの団体に参加しました。

 

私たちの活動理念は「相互理解」です。しかし相互理解の解釈は人によって様々です。

自分にとっての相互理解とは何なのか、相互理解にどんな意味があるのかを活動を通して模索したいです。



吉田萌子

Moeko Yoshida

 

早稲田大学人間科学部

 

 高校2年生の時、テレビで「ホテル・ルワンダ」のモデルとなったポール・ルセサバギナ氏が話しているのを聞いた。100日間で80万人もの命が奪われたという事実は衝撃的でそれからルワンダという国に興味を抱くようになった。

 この団体の活動理念である相互理解。同じ目線に立つことで気づくことはたくさんある。私たちとは異なる環境で過ごし、異なる考えを持つ彼らと交流することで、彼らを知り、日本の本来の姿や自分自身を見つめ直していきたい。


渡邊伶

Rei Watanabe

早稲田大学教育学部社会科社会科学専修 4年

 

「ルワンダ」に特別な思い入れがあるわけでもない、「国際交流」が好きなわけでもない。日本ルワンダ学生会議に入ってから一年。一回のルワンダ渡航と二回の日本招致を経験しました。その想いは変わらないです。

しかし、私には実現したい想いがあります。その想いを達成するためには、まだまだ未熟。

この活動を通じて見えてきたものを大切に、その想いを叶えるために活動し続けていきます。